和紙造形作家にしむらあきこさんの個展「紙上の空論」

和紙造形作家のにしむらあきこさんの個展へ。

今回のテーマが「紙上の空論」ということで空想っぽい雲をモチーフにした作品が多くありました。

和紙ならではの質感とその色合いがあたたかくてやさしくて。

もともと美術とは違うことを勉強されていたそうです。

既存の紙を使って作品を作っていたけれど、

自分のほしい紙がなくて紙自体を自分でつくりはじめたとのこと。

この雲のような雲じゃないようなモヤモヤなピアスを購入。

作品の制作背景を伺ったところ

「ふと思いついてこのカタチに。色は夕暮れの感じ」

と教えてくださいました。

 

#miraihaima.com