鹿野洋子とその小さな仲間達展

画家である鹿野洋子先生とその教室の生徒さんたちの美術展へ。

鹿野さんの美しい色合いの世界観と
生徒さんである子どもたちののびのびとした色重ねに癒されました。

油絵描きたいなぁと久々に思いました。

仕事では「正解」を考え抜き、コストを意識して売上を追う日々なので、
正解のない世界が必要。

バランスをとるために哲学、社会学、文学、芸術が。

絵を無心に描くことで癒されたい。
日々の自分を救いたい。

追記---
この記事を投稿したのはコロナ前ですが、その2年後に開催された鹿野洋子先生の教室展に、なんとわたし出展しました!笑
まさか本当に油絵を再開するとはこの頃は予期していませんでした。

油彩画を描きました「Giant Trevally」

数年ぶりに油彩画を描きました。 何を描こうかと考えて、まっさきに思いついたのは、子どもたちの名前の背景にある世界観。空、海、ブルー、色即是空空即是色。そこからも…

#miraihaima.com