日々の世界のつくりかた

花王株式会社 生活者研究センター慶応義塾大学 井庭崇研究室が共同制作したツールである「日々の世界のつくりかた」を使ったワークショップに参加しました。

日々の世界のつくりかたとは

「日々の世界のつくりかた」は、子育てしながら働く女性にインタビューを実施し、家庭と仕事を両立するためのヒントを924枚の付箋にまとめ、それを34枚のカードに分類・集約したものです。

53b987eff9db2cdbc40d16b93a290fe1e0fb952e
ヒントが書かれた34枚のカード

出典:「やらずに諦める」女性を支援する──34枚のカードが綴る『日々の世界のつくりかた』
ワークショップの流れ

1時間弱のワークショップでは、参加者ひとりひとりにこのカード1セットずつが配られ、カードを見て選びながら自分と向き合います。その後、数人のグループで個人の意見を発表し合うという流れを何度か実施しました。
ワークシートに自分の気持ちを記入するのですが、このカードのおかげで自分の心のもやもやをスムーズに言語化できます。
カードに記載されているイラストでピンときたものを選んだという参加者の方もいました。

参加した感想

日々飛ぶように過ぎていく日常において、立ち止まって振り返り、自分の心の中を言語化するということ自体に癒されました。仕事や家事、育児などやらなければならないことに追われる日々において、自分の人生の優先度、日々を生きるうえで自分にとって大事なこと、幸せなことを問う貴重な機会でした。
優先度を見極めて大切なものを失わないために、このような心の中の棚卸しをする時間て必要だなと感じました。

また、子育て中のワーキングマザー同士、悩みやもやもやは共通するところが多く、他の人たちの思いや工夫を聞くことができたのもよかったです

今日から取り組みたいこと

子どもをたくさん笑わせたい、一緒に笑いあって過ごしたい。それだけだなと思いました。

「日々の世界のつくりかた」という冊子を提供してくださった花王様ありがとうございました。こちらからダウンロードできます。

#未来は今

0 Comments

Add Yours →

コメントを残す