IBMで11年働き続けている理由

新卒で日本アイ・ビー・エム(以下、IBM)に入社し、11年目になりました。コンサルタント職で入社し、現在はバックオフィスで働いています。外資ということもあり人の出入りは多く、転職していく同期や先輩、後輩もいます。そんな中、なぜIBMで働くことを選択しているのかを紹介します。以下の内容は、あくまでもわたし個人としての意見です。

1. ライフスタイルに合わせた柔軟な選択肢がある

1番はこれです。社内に多様な仕事があり、どういう志向の人たちとどんなスタイルで働きたいかによって幅広い選択肢があるからです。ライフスタイルや価値観の変化によって、仕事を変えたくなったことは何度かあるのですが、そのたびごとに社内の誰かがやってきて、調整してくれました。転職しようと考えたこともありますが、別のプロジェクトへのアサインや部門異動などによって、転職せずとも自分の優先度に合わせて仕事内容を柔軟に選択してこれました。そしていつのまにか、自分をより生かせる仕事を担当しています。自分のことを自分以上に理解してくださっているまわりの皆さんのおかげだと思います。

2. チャレンジングで成長できる環境がある

自分だけでは見ることのできないような世界を経験できるからです。こりゃ達成できないなと思うような高い目標やタスクが与えられます。やりはじめる段階だとゴールもゴールまでの道筋すらも見えなかったりします。しかし、ゴールが見えている人もちゃんといるんです。過去にその山を登ったことがある人が、危険な場所とかおすすめルートとかナレッジをシェアして導いてくれます。また、他の人の成果物に対して「レビューやフィードバックすることはギフト」と考える文化があるので、まわりの人に見せたり話したりすることで、アウトプットをどんどん磨くことができます。レビューされすぎてたまに心がすり減ったりしますが(笑)すべては成果物の品質を高めるためであり、自分のスキル向上にもつながります。

3. 優秀なだけではなくて心がある人がいる

最後は人ですね。スマートで意識が高い人が多い会社なのですが、意外にも人情派だったりユーモアのセンスに溢れるような人もたくさんいるからです。遊び心やマインドフルネスを忘れない人たちのおかげで、困難に対しても平常心で立ち向かえます。仕事の結果だけを追い求め過ぎてしまうと誰もついてこないですよね。入社してすぐのとき「コンサルタントである前に人間であれ」って指導いただきました。今でもたまにこの言葉の意味を考えたりします。

なぜこの記事を書こうと思ったのか

最近、弊社の強みやその魅力について考える機会があり、私自身の考えを整理したいと思ったので本記事を執筆しました。たまに大学の後輩からOB・OG訪問をしてもらうことがあり、そこで話すことと同じような内容をまとめました。別にIBMじゃなくてもこんな会社たくさんあるのでは?という感じかもしれないですが、、、IBMもこういう会社だということを今まさに身を置いている人が言うのもたまにはいいですよね?(笑)

人生の限られた時間を何に使うかは、今後も日々考えていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。